青汁のケールとは

ケールというのはどのようなものなのでしょうか? ケールは、原産が地中海で、アブラナ科に属するキャベツの一つの種類です。
ヨーロッパにおいては、調理したり生で食べたりするなどの食材の一般的なものです。
ケールは青汁が普及するために大切な役割を果たしてきました。
相当前から、ケールが原料の青汁は飲まれていましたが、テレビ番組の罰ゲームに1990年代に登場してから人気になって今日に至っています。

ケールの栄養素は、はるかにキャベツを上回っています。
ビタミン・酵素・ミネラル・クロロフィル・カルシウム・フラボノイド・ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCなどの栄養素があります。

ケールの特徴は、多くの栄養素がいいバランスで入っているため、野菜が足りない場合にカバーするのに適しています。
牛乳の約2倍のカルシウム、キャベツの約2倍の食物繊維、トマトの約5倍の総カロテン、ほうれん草の約2倍のルテイン、みかんの約2.5倍のビタミンC、青ピーマンの約3倍のビタミンEが入っています。

ケールが原料の青汁の効能についてご紹介しましょう。
便秘を解消するために効果があります。
皮膚の保湿を良くする効果があるため、皮膚が乾燥するのを防止することができ、アトピーにも有効であるという研究成果があります。
動脈硬化や高血圧を予防し、脳卒中や心筋梗塞などに対するリスクを軽減するためにも効果があります。

本サイトでは、青汁に利用されている、栄養素が豊富、多くの栄養価がある、についてご紹介します。